1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 坐骨神経痛の原因と治し方はこれだ!!

坐骨神経痛の原因と治し方はこれだ!!

足に痛みとしびれが、、、。歩いているとだんだんしびれがひどくなってきた。

病院で勧められたストレッチをしてみたけど効果がない。

安静にして注射を受けていたけど良くなっている気がしない。

レントゲンでは異常はないと言われるけど、じゃあ原因はなに?

坐骨神経痛とは片側の足に痛みやしびれが出るのが特徴ですが人によって症状は様々です。

動いている時に痛い人や座っている時の方が辛い人もいます。こちらでは坐骨神経痛を症状別にタイプ分けし対処法について書いていきます。

坐骨神経痛のタイプ
骨盤.jpg
実は坐骨神経痛は85%の人が原因不明と言われます。

レントゲンで確認できるのは骨に明らかな変異がある時だけなので病名がはっきりすることは少ないです。

ではなぜ症状が出るのか?多くの場合筋肉の過緊張や骨の歪みから神経を圧迫するために起こります。

ストレッチで効果が出ない人は神経を圧迫している部位を直接ストレッチするので余計に緊張します。

また身体の循環が悪いと回復力が落ちるので圧迫された神経は傷ついていきますね。

本来は痛みやしびれは日にち薬で良くなっていくのですが悪化している人は回復力が落ちています。

神経が圧迫を受けやすい場所は限定されています。

臀部と膝下外側、足関節の内側ですね。

臀部の場合なら臀部の周りが痛みます。

膝下だとすねの筋肉に痛みやしびれが出ます。

足関節の内側なら足の裏といったように圧迫を受けている場所が違えば症状が出る場所も違います。

ひどい人は同時に3か所とも痛みやしびれが出ますが原因となっているのは身体の左右の歪みで症状が出ている方に重心がかかっている事が多いです。

その他背骨が固いため足への衝撃が強く筋肉の緊張を強めているタイプや症状の出ていない側の足をかばって負担が大きくなっている場合もあります。

症状が出ている所に目が行きがちですが多くの場合症状の出ていない所に原因は潜んでいます。

まずは原因がどこか調べるために出来る事を次は書いていきます。

原因を特定する
前屈.jpg
まずは前屈と後屈をしてみましょう。この時に腰痛が出るようなら背骨の固さを疑います。

対応としては背骨のストレッチという事になります。
開脚.jpg
次は床に座って開脚をしてみましょう。そして足先に向かって身体を倒します。

この時に臀部や太ももの裏に痛みやしびれが出るなら臀部の筋肉の緊張を疑います。股関節の運動で対応しましょう。

また歩いている時にしびれが悪化するタイプは膝や足関節のむくみがある可能性が高いです。

この場合は全身の循環を良くすることが大切です。

全てのタイプに言える事は関節の動く範囲が低下しているという事です。

身体は本来の動きを確保できれば健康な状態を保てます。

問題は動きを妨げているものは何かという事になります。

症状が変わらない若しくは悪化しているという方は問題のある部分に負担をかけ続けている可能性があります。

次は痛みやしびれの原因となっている場所への負担を和らげる方法を紹介していきます。

負担軽減のために出来る事
横隔膜.JPG
基本的には痛みの出ない動きをすることが前提となります。

運動にしろストレッチにしろ痛いのを我慢してやれば筋肉の緊張には逆効果です。

背骨が固い人は状態ひねりの運動をしていきましょう。

座った状態で息を大きく吸ってから吐きながら状態を捻っていきます。止まったところでもう一度深呼吸を行います。痛くない範囲で捻り左右共に3回ずつ行います。

次は正座をした状態で頭を膝につけるイメージで背中を丸めていきます。

背骨の間を開けていくようにゆっくりと行います。そして状態を戻し次は少しずつ反っていきます。こちらも痛みのない範囲で行い前と後を3回ずつ行います。
内膝倒し.jpg
次は股関節の運動です。

床に座り両手を身体の後ろでつき足を膝を立て少し開いた状態で前に出します。そして交互に膝を内側に倒していきます。左右共に20回ずつ行います。

最後にむくみのある方は足首回しを行います。

座った状態で足首を逆の膝の上に置き足首の上を抑えもう片方の手で足先を掴んで右回し左回しと30回ずつ行います。むくみに関しては温める事も重要なのでお風呂で行うとさらに効果的です。

またむくみの強い方は水分不足か甘い物の摂り過ぎの傾向があるのでそういう面も合わせて気をつけてもらうと改善されやすいです。

まとめ
座る女の子.JPG
坐骨神経痛は神経の圧迫が原因で起こりますがヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症といった病名がつくことは稀です。

念のために病院に行く事は大切ですがそれで解決しない時は痛みのある場所以外に原因があることがほとんどです。

注射や痛み止めは一時的にマシになっても回復力の低い身体では必ず再発します。

一番の予防は背骨から骨盤の柔軟性を保ち身体の循環を良くする事です。

皆様の悩みである痛みやしびれの解決に少しでも役立てれば幸いです。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ