1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 原因不明のめまいの治し方

原因不明のめまいの治し方

最近めまいがよくする、、、。

何か怖い病気が潜んでいるんじゃないかと不安になって病院に行ったのにストレスでしょうで終わり。

ひどい時は気のせいでしょう!?

めまいがしてるから行ってるのに気のせいな訳がない!

こんな話は実はよく聞くのです。

めまいにはグルグルする回転性めまいとふわふわする動揺性めまいの2種類があります。

回転性めまいは耳鳴りや難聴を伴うものもあり病院で耳が原因だと特定されやすい症状です。

しかし動揺性めまいは自律神経やホルモン、身体の循環が悪い事からも起こるので発見されづらく原因不明とされやすいです。

こちらでは動揺性めまいのメカニズムと対処法について書いていきます。

動揺性めまいのメカニズム
めまい女性.jpg
最も多い原因としてはストレスが挙げられます。

そのため自律神経が乱れ脳幹や小脳といった平衡感覚を司る部分に不具合が起きるためとされています。

ではストレスを抱える人が全員めまいを感じるかと言えばそんな事はありません。

ストレスの大小はあるかもしれませんが、ストレスに強い人は抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールと呼ばれるものの分泌が盛んです。

また健康な人は身体の修復を促す成長ホルモンや代謝を促す甲状腺ホルモンが盛んに分泌されるので疲労が溜まりにくくストレスに強くなります。

今回紹介しているホルモンはいずれも脳下垂体と呼ばれるところでコントロールされており脳下垂体は司令塔の役割を果たしています。

つまり、めまいを覚えるほどのストレスを感じる方の多くが脳下垂体の機能が低下しておりストレスに弱い身体になっていることが原因となっています。

そんな脳下垂体の機能が低下する原因について次は書いていきます。

脳下垂体の機能低下の原因
背骨女性.jpg
脳は人体の中で最も重要な役割を果たしている場所なので修復にあたっては最も栄養価の高い脳脊髄液(のうせきずいえき)と呼ばれる液体で満たされています。

脳脊髄液は名前の通り、脳と脊髄(背骨の中の空洞)を満たしており高濃度のリンパ液のようなものです。

脊髄は骨盤まで達するので骨盤の動きの影響も受けています。

この脳脊髄液が足りなくなると背骨の動きも悪くなるので背骨の中を通る自律神経も悪影響を受けます。

つまり脳脊髄液は身体の中の流れで最も重要な本流をなしているのですね。

健康が維持できるかどうかは脳脊髄液の流れが確保されているかどうかで決まります。

この流れを悪くする原因が運動不足・睡眠の質の低下・食事の偏りにあります。

人間の身体は自然治癒力が備わっているので睡眠・食事・運動のバランスが良ければ体調を崩しません。

しかし運動をせず寝る前に炭水化物中心の食事をしていればすぐに自然治癒力は低下してしまいます。

日々の生活の乱れが脳脊髄液の流れの悪化を招き、身体の司令塔である脳の機能低下を招いた結果がめまいという事になります。

次はめまいが起きってしまった場合の対処法について書いていきます。

めまいの対処法
英雄のポーズ.jpg
脳脊髄液の循環には背骨と骨盤の柔軟性を保つことが重要です。まずはお勧めのストレッチから紹介します。

足を前後に大きく開きます。足は正面を向け膝を曲げて重心を前方に移動させます。そこから両手を合わせて頭上に持っていきます。

この時にお腹が伸びていればOKです。視線は手の先で20秒ほどキープします。足の前後を入れ替えて1セットずつ朝晩行うと効果的です。

次は仰向けで寝ころんで骨盤の上の方にタオルを敷きましょう。少し腰が反るような姿勢になります。このまま動かずに3分間過ごします。

骨盤が固い人は痛いかもしれませんが続けるうちに気持ちよくなってきます。
ラッコ.JPGのサムネール画像
最後はラッコ体操です。仰向けで寝ころんで両手で両ひざの裏を抱え込んだ状態で身体を前後に揺らします。

背骨の固い人は背骨が痛いかもしれませんので柔らかいところでやってもOKです。1分ほど続けます。

以上のようなストレッチをお風呂上がりの寝る前に行う事で神経の興奮も鎮めて柔軟性も上げてくれるので睡眠の質が高まります。

また寝る3時間前は食事をしない方が寝ている時の回復力は高まります。

最後に
子供元気秋.jpg
子供は動き回ってどんなに疲れて寝ても次の日には元気になっています。

大人になってそれが出来なくなるのは睡眠の質の低下や運動不足、寝る前のドカ食いなどが原因になります。

食事の内容も炭水化物ばかり摂らずに野菜も多く摂ることで回復力は高い状態を維持しやすくなります。

寝ている時は寝返りをうちやすいやや硬めの布団を選ぶと背骨や骨盤の柔軟性は上がりますよ。

めまいの原因は一つではありませんが原因不明と言われるものの多くは小さな疲労が積み重なった結果として起こるものなので自覚はしにくいことが多いです。

生活習慣が乱れている自覚があるならストレッチと共に改善に取り組むことをお勧めします。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ