1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 座っていると辛い腰痛を治す方法

座っていると辛い腰痛を治す方法

座っている時に腰が痛い・・・。

立っている時や動いている時はそうでもないのに座りっぱなしだとどんどん辛くなる。

座っている時の腰痛の悩みを抱える方は増加傾向です。

デスクワークの方が増えているので当然と思うかもしれませんが全員が痛みを抱えているわけではありませんよね?

こちらでは痛みの出る人と出ない人の違いを解説するとともに痛みの出る人の共通点と解消のためのストレッチを載せています。

座っている時の腰痛はなぜ出るのか?
座り腰痛.jpgのサムネール画像
まず座っている姿勢は立っている時に比べて2倍の負担がかかっているので、それだけでも腰の筋肉には大きな負担がかかります。

立っている時には足の筋肉で負担を分散するとともにお腹の筋肉も助けてくれます。

しかし座っている姿勢だとお腹の筋肉が緩むので腰は自力で頑張らなくてはなりません。

痛みの出る人はそれらのメカニズムに加えて骨盤と背骨が固い傾向にあるため腰の筋肉への負担をさらに増大させます。

そこにパソコンの画面をのぞき込むなどの動きが加わると目もあてられません。

痛みの出る人は座り方にも特徴があります。椅子に浅く座り背もたれにもたれています。

この状態だとお尻の筋肉が固くなりやすいので骨盤の動きを低下させます。

家に帰っても沈み込むソファーに座っていると同じように骨盤の動きが悪くなりつられて背骨も固くなるという悪循環です。

次はこれらの悪循環を断ち切るための腰痛にならない身体づくりについて書いていきますね。

腰痛にならない身体づくり
椅子座る.jpg
まず正しい座り方は骨盤が立っている状態です。

立つというのは足のつけ根のお尻の骨(坐骨と呼ばれます)で座るようにすることで胸を張って背中を伸ばした状態です。

この姿勢がお腹の筋肉の力も借りられるので腰への負担は軽くなります。

その姿勢が辛いという方は背もたれを使いましょう。

ただし背もたれと身体の間に隙間が出来ないように深く座るのが重要です。

そうすれば背中の筋肉も緊張から解放されます。

反り腰で隙間が空く人はタオルなどを入れ隙間を埋めてやれば負担を軽くできます。

骨盤や背骨を固くする人の共通点としてパソコンをのぞき込む姿勢の方が多いです。

のぞき込む姿勢は頭が前に出るのでボーリングほどの重みのある頭がますます重くなりますね。

のぞき込む姿勢の方は頭の重みで頭が下がり猫背が強調され気づかずに上目使いしている状態です。

この時にまぶたを上げるミューラー筋という筋肉が緊張します。

ミューラー筋は自律神経に作用するので上目使い状態が長く続くと身体は過度な緊張状態を強いられるので余計に痛みの出やすい身体になっていきます。

予防のためには胸を張り顎を引いた姿勢を作りパソコンの画面は正面で捉えるようにしましょう。

次は頑張った身体を労わるために大切な事を書いていきます。

頑張っている身体の労わり方
眠る.jpgのサムネール画像
筋肉もしっかりと休めていれば猫背などの崩れた姿勢にはなりません。

身体は本来正しい姿勢(もっともリラックスした姿勢)に戻ろうとする働きがありますが緊張がとれていないと戻らないのです。

筋肉の緊張をとるために最も重要なのが睡眠の質になってきます。

睡眠の時にはリラックスさせる副交感神経が活発になっていないと緊張は緩和されません。

睡眠の質とは深く眠れているかが肝心になってきます。

どれだけ寝ても眠たいとかまぶたが重く感じるようではリラックスできていないでしょう。

ぐっすり眠れたなら起きた時に疲れがとれ目はパッチリと開きます。

眠りが浅くなる原因は寝る前の行動にあります。

眠る前に大切なのは身体を興奮させる交感神経を鎮めることにあります。

仕事で疲れて帰ってもお風呂に入らず食べてすぐ寝てしまうと身体は深い眠りに入れません。

睡眠は長さよりも質が重要なので例え一時間短くなっても朝起きた時にすっきりします。

寝る直前はスマホやテレビを見ずにきちんとお風呂に入って寝る前にストレッチしたり本を読んだりする方が眠りは深くなります。
ストレッチ開脚.jpg
お勧めのストレッチは開脚して身体を前に倒すシンプルなものになります。

骨盤周りと背骨のストレッチになるので座って腰痛が出る人には効果的です。

朝は早起きをして太陽の光を浴びましょう。朝早くに身体のスイッチが入ると夜になれば自然と深く眠る準備が整います。

休日でも遅くまで寝ずに早起きした方が休み明けは元気に起きられます。

まとめ
元気女子.jpg
座って腰痛が出るタイプの方は身体が本来の機能を果たしていない状態だと言えます。

原因は回復が追いついていない事です。

どんな疲れにおいても身体の自然治癒力に勝るものはありませんので、いかに自然治癒力を引き出すかがカギになるので質の良い睡眠をとることは何よりも重要ですね。

昔から早寝早起き病知らずと言われるように質の良い睡眠なしに健康は維持できません。

ぜひ今日からぐっすりと眠ってくださいね。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ