1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 足底筋膜炎はストレッチだけでは治らない!?

足底筋膜炎はストレッチだけでは治らない!?

足の裏が痛い、、、マラソンする人が痛くなるのはよく聞くけど自分はそんなに走ったりしていないのに。

病院に行っても異常なしで済まされるしストレッチでもするか。

そうやってストレッチをされるのは素晴らしいですが、そもそもなぜ足底筋膜炎になったのか知りたくありませんか?

足底筋膜は足の裏のクッションの部分ですが、それほど衝撃を与えていない人もなってしまうのには理由があります。

こちらでは足底筋膜になるメカニズムとその対処法について書いていきます。

足底筋膜炎のメカニズム
歩く.jpg
足底筋膜は足にかかる衝撃を和らげるために足裏についていますが近年ウォーキングをしているだけでもなる人が増えています。

マラソンランナーの方は少し休む必要もあるかもしれませんが大切なのは炎症を起こさないように衝撃を分散するという考え方です。

足底筋膜はアーチ状の土踏まずを形成し衝撃を和らげます。

アーチを作ると衝撃は前後に分散されるのでかかとと指先の方で二分の一ずつになるように出来てます。

よく橋の下の部分がアーチ状になっているのは橋の両サイドに衝撃を分散するための工夫です。

ですが身体の重心がアーチの上に来ていない人は上手く分散されません。

特に多いのが首が前に出ている人です。首が前に出て顎が下がった猫背状態だとかかとに重心がかかります。

また顎が上がっている人は腰も前に出て指先の方に重心がかかります。

両者に言えるのはせっかくの足裏のクッションが全然使えていないという事です。

つまり本来二分の一になる衝撃をかかと側か指先側に集中してしまっている状態です。

これでは足裏が悲鳴をあげてしまうのは当然です。

次は足裏のクッションを活かすために必要な姿勢づくりについて書いていきます。

正しい姿勢の作り方
きおつけ.png
理想的な重心の位置は土踏まずの前の方で足裏の内側という事になります。

実際に力を抜いて立ってみて自分の重心はどこにあるでしょうか?

かかとにある人は背中が丸まり首が前に出て猫背になっている状態です。

土踏まずより前の親指の付け根の骨に重心が来ている人は顎が上がっています。

この時に注目してほしいのが背中が丸まっていることです。

足底筋膜炎になる方の大半は背中が丸まり姿勢が悪い方が多いです。

ですので足裏のストレッチも重要ですがまずは正しい重心を手に入れるために背骨のストレッチを入れていきましょう。
キャットバック丸.jpg
キャットバックというストレッチがお勧めです。

四つん這いになりおへそをのぞき込む姿勢で背中を強く丸めましょう。次に背中を反らし天井を向くようにします。

いけるとこまでいったら5秒ほどキープします。それを5回ずつ繰り返しましょう。

トータル1分ほどで終わるのでぜひ朝晩とやってみて下さい。

次に姿勢が歪んでいく一番の原因を改善します。

それが体内の循環です。

姿勢は多少歪んでも正しい位置に戻ろうとしますが体内の循環が悪い方は戻らなくなっています。

次は循環を良くするための対処法について書いていきます。

循環を良くする対処法
滝2.jpg
循環が悪くなりやすいところは決まっています。

姿勢の歪みに関わらず下半身の方が流れは滞りやすく関節に集中する傾向にあります。

足底筋膜炎を患う方の特徴として足関節のむくみが見られます。

靴下の後も強く残っているのでむくんでいるのが一目瞭然です。
足首回し.JPG
このタイプの方は足首回しをしてむくみを改善しましょう。

座った状態で片方の足首を膝にのせます。そして足首を固定した状態で指先を持ち右と左回しに30回ずつ回しましょう。

これを両足ともする事で流れが良くなります。

次は太ももの前側です。こちらも固いとむくみの原因になります。
片大腿四頭筋.JPG
片方の膝を曲げた状態で寝転びましょう。可能なら正座の状態からそのまま後ろに倒れます。

痛みの強い方は無理をせず片足ずつ伸ばしていきましょう。その姿勢で20秒キープします。

ストレッチはお風呂上りが効果的ですが、お風呂でも一工夫。

温冷浴というのは聞いたことがあるでしょうか?

お湯と水風呂に交互に浸かることで血流を改善しむくみと疲労解消に効果的です。

ダンスユニットのEXILEがライブ後に氷風呂に入ることで有名になりました(笑)

最後に
考える女性.jpg
足底筋膜炎は病院では異常無しとされるけど痛みが強くある状態です。

痛みがある時はまず病院に行くのも大切です。

ですが、異常が見つからなければストレッチ・温冷浴をぜひ試してみてください。

そして合わせて姿勢も良くなっていけば再発も予防できるのでお勧めです。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ