1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 残暑の時期に頭痛と腰痛、神経痛は悪化する!?

残暑の時期に頭痛と腰痛、神経痛は悪化する!?

慢性的に抱える症状は人それぞれですが、悪化する時期はいつでしょう。

多くの方は季節ごとに悪化している自覚が無いことが多いです。

ですが残暑の時期には悪化しやすい症状があります!それが特に頭痛と腰痛、神経痛の3つです。

こちらでは3つの症状が悪化する原因と、その対処法も合わせて書いていきます。

残暑に悪化する原因
青空.jpg
キーワードは"内臓の冷え"です。

どなたでも当てはまると思いますが夏の間に冷たい飲み物を飲みませんでしたか?

これはある程度仕方ない事ですが内臓は冷たい物を摂ることで疲労していきます。

暑い間はそれでも疲労は気になりませんが残暑に入ると別です。

朝夕が少し冷えてくるに従い身体は体温を保つために一定のエネルギーを消耗するようになってきます。

そこに暑い時期と同じように冷たい飲み物を飲んでいると内臓の回復を妨げ一気に内臓の疲労が加速してしまいます。

内臓の冷えや疲労は自覚しにくいものですので次は内臓の冷えや疲労が溜まっている方の特徴を挙げていきます。

内臓の冷えや疲労が溜まるとこんな症状が
だるい.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
内臓が冷えるというのは機能が低下することになります。

内臓が本来の力を発揮するには37度以上の体温を必要とします。

ただし37度は脇で測った体温より体内の方が1~2度高いので脇では36度以上で健康です。

35度台の方は内臓の機能は低いと言えます。

では内臓の機能が低下すると現れる身体の変化を3つ挙げておきますね。

一つ目はおならが出ます。(笑)

これは冷えて大腸の機能が落ちることで大腸内で異常発酵が起きてガスが発生しやすくなるためです。

二つ目は息苦しさから不眠や夢を多く見るようになります。これは横隔膜の動きが悪くなることで眠りの質が悪くなるためです。

三つめは頭痛や腰痛、神経痛の症状が特に朝に強くなります。

これは体温が一番下がる朝の時間帯に血の巡りが悪くなることで起こります。

以上のような症状に心当たりがある方は内臓の冷えを疑いましょう。

次は対処法について書いていきますね。

内臓の冷えの対処法
紅茶.jpg
一番効果的なのは朝一番に白湯を飲むことです。

先ほど書いた通り体温は朝が一番低いのでそのタイミングで温めてあげることは極めて効果的です。

温泉が身体に良いことは皆さんご存知の通りです。

温泉の成分もありますが体温を維持するのは最優先で行われる仕事なのでそれを代わって行ってくれるのが身体にはありがたいのです。

一人で頑張るのではなく誰かの助けや便利な道具を使えばより仕事は効率的に成果をあげられますよね?

それと同じで体温の維持は白湯の力を借りて余ったエネルギーで内臓の疲労回復を優先すれば内臓の冷えは改善されます。

その他にお勧めなのがショウガ紅茶です。

ショウガはスライスして乾燥させたものを利用すればなお良いです。

乾燥させたショウガは漢方薬の成分とされ体温上昇には非常に効果的です。

またお好みでハチミツを入れるのもお勧めです。

ハチミツの甘みも体温上昇には一役買ってくれます。

ただし砂糖などの精製された甘みは体温の低下を招きますので使いたければ黒砂糖がお勧めです。

まとめ
秋.jpg
残暑とは言っても朝夕等は確実に気温が下がってきます。

その中で夏と同じ行動をとっていると確実に内臓は冷えて疲労が溜まっていくのです。

その結果として頭痛や腰痛、神経痛といった症状が悪化します。

冷えの対処はなんと言っても温めですので白湯やショウガ紅茶をぜひ実践してみて下さい。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ