1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 治らない頭痛の原因は〇〇から!?

治らない頭痛の原因は〇〇から!?

今日も頭痛だ・・・。薬は好きじゃないけど、痛みがひどいから飲まないと仕事にならない・・・。

痛みを薬で抑えることは出来ても、一生付き合っていくしかないんだろうなあ。

頭痛は治らないものだと思っている方、多いですが、本当にそうでしょうか?

こちらでは、慢性的に治らない頭痛のメカニズムから根本治療に大切なことを書いていきますね。

なかなか治らない頭痛のメカニズム
頭痛.jpgのサムネール画像のサムネール画像
まず、頭痛には種類が大きく分けて2つしかありません。

①血流が悪く、脳の酸欠状態(締め付けられるような感じ)

②大量の血流量に対応できず炎症を起こす状態(ずきずきと強く疼く感じ)

以上の2つに大別されます。

まず、①は緊張性頭痛とも呼ばれ、筋肉の緊張などで血管という道路が渋滞し、酸素の運搬が滞っている状態です。

対して、②は低気圧(雨や台風など)の時に起こり、血管という道路は流れているが、交通量が多すぎて、道路そのものに不具合が生じている状態です。

道路で例えましたが、どちらの問題が大きそうですか?答えは②です。①の血流が悪いのはお風呂などで改善が見られるのに対し、②は冷やした方が有効です。

ただし、②の場合、血管そのものに問題があるので、改善には時間がかかります。

では、根本的に頭痛を改善するときに必要な事とは?
内臓.jpg
まず、①の血流の悪さを改善するのと、②の血管の柔軟性をあげるためには、どちらも内臓の調子を整えることが有効です。

そもそも、よく言われる血液に良いもの、悪いものという考え方が広く浸透していますが、本来、自然界に存在するもので悪いものは存在しません。

じゃあ、何を食べてもいいの?という声が聞こえてきそうですが、よく考えて下さい。食品添加物は自然なものでしょうか?

つまり、食べ物に良い悪いは存在しなくても、加工食品は注意しましょう。全く食べるな!というのは難しいのですが、なるべく控えましょう。

そして、腹8分目を心がけるのです。最悪なのはインスタントやファーストフードでお腹一杯になる事です。

食品添加物は肝臓や小腸、大腸に負担をかけるため、摂り過ぎは禁物です。血管の柔軟性を維持するのは肝臓なので、肝臓への余計な負担は血管の柔軟性を損ないます。

では、どんな食事が望ましいのか?血管はコラーゲンで出来ているので、魚や肉からコラーゲンの源であるタンパク質を摂取することです。

加えて、コラーゲンの合成を促すビタミンも同時に取りましょう。トマトなどの赤い野菜はビタミンB、Cを含み、キャベツやホウレンソウなどの緑の野菜は肝臓の機能を高めます。

そして、もう一つ大切なことが、血液をサラサラな状態に保ち、血管を傷つけない事です。次はサラサラ血液に必要な事を書いていきます。

さらさら血液に必要な事
さらさら血液.pngのサムネール画像のサムネール画像
一番重要なのは水分になります。水分が不足していれば、血液はどろどろになってしまいます。

さらに、さらさら血液に必要な栄養素の四天王が、、、
1、大豆ペプチド:味噌や納豆などが悪玉コレステロール撃退!

2、EPAやDHA:アジやイワシ、サンマに含まれ中性脂肪を下げる!

3、オレイン酸:豚肉やオリーブオイルに含まれ高い抗酸化作用で過酸化脂質を抑え、悪玉コレステロールを下げる!

4、硫化アリル:玉ねぎに含まれ、血液が固まるのを防ぎ、血栓予防!

こういった栄養素を普段からとり、適度に汗を流し、水分を摂取する事で元気な血管が維持されます。

最後に
元気.jpg
大半の頭痛は日々の不摂生から作られます。

そして、何が原因か意識しなければ気づかない方が多くいらっしゃいます。

もちろん、脳腫瘍など怖い病気が潜んでいる可能性もあるので、心配な方は病院での精密検査をおすすめします。

でも、原因不明と言われた方はぜひ、今日から血管に良い暮らしを実践し、頭痛の無い日々を手に入れて下さいね!!

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ