1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. これだけ?誰でもできる坐骨神経痛のクッションの入れ方

これだけ?誰でもできる坐骨神経痛のクッションの入れ方

坐骨神経痛で腰やお尻、足も痛い、、、もちろん治療はしているけど痛みが引いてくるには時間がかかりますよね。特に寝る時に痛いと辛いですよね。

このブログでは、坐骨神経痛で寝れない時の痛みが軽減もしくはなくなるクッションの入れ方をご紹介しています。坐骨神経痛でお困りの方はぜひお試しください。

youtuu01.jpg

坐骨神経痛は寝る時に悪化する?

坐骨神経痛で寝る時に痛みが出るのを『夜間痛』と言います。日常の痛みとは違うひどい痛みに襲われることが多く、重度の状態の方に見られる症状です。時には手術なども必要になるので注意が必要で、この夜間痛が起こる方は自律神経にも異常が起こっているので、身体を動かす時には注意が必要です。

a1640_000243.jpg

では、坐骨神経痛でのクッションの入れ方を見ていきましょう。

坐骨神経痛のクッションの入れ方

坐骨神経痛でも原因は様々です。特に多いヘルニアからの坐骨神経痛と梨状筋症候群からの坐骨神経痛の時のクッションの入れ方を見ていきましょう。

ヘルニアからの坐骨神経痛の場合のクッションの入れ方

ヘルニアからの坐骨神経痛の場合、上向き、横向きで寝て背中と太ももにクッションをいれましょう。背中と太ももにクッションを入れることで腰が軽く丸くなり、腰椎部の圧迫が軽減されます。

横からみると背中と足があがり、くの字の様な状態になります。またうつ伏せの場合はおへその少し下に入れましょう。

GEDC0864.JPG

ただその状態で長時間いると血流が悪くなり、痛みや痺れが強くなることがあるので適度に体勢を入れ替えましょう。

梨状筋症候群からの坐骨神経痛のクッションの入れ方

梨状筋諸侯群の場合、お尻の筋肉が硬くなり血管や神経を圧迫しているので、横向きで骨盤の上の方と太ももでクッションをはさむように寝ることで、お尻の筋肉がリラックスし圧迫が緩和します。

梨状筋諸侯群からの坐骨神経痛も左右で寝返りを打ちながら同じ体勢にならないように気を付けましょう。

GEDC0865.JPG

坐骨神経痛になってしまったらこんな風に色々な対処法があるのですが、坐骨神経痛にならないように予防をすることも必要です。1度坐骨神経痛になった方は再発しやすいので、またならないように予防法も見ていきましょう。

坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛になる原因は様々で、まずは日常生活の中で坐骨神経痛になる要因がないかを知ることが重要です。坐骨神経痛になる要因を知り、それをやめる、やめれない場合はストレッチや体操などでケアしなければいけません。

坐骨神経痛になりやすい人

  • 重たい物を持つことが多い
  • 座っている時間、立っている時間が長い
  • 身体が硬い
  • ギックリ腰などを繰り返ししている
  • 筋肉の量が少ない
ストレッチ改善動画が予防にも使えるのでぜひ見て下さい。
a0002_008632.jpg

いかがでしたか?痛みや痺れが少しでも緩和されていれば幸いです。大事なのは坐骨神経痛になって痛みや痺れが出てから対処するのではなく、ならないように予防をしておくことがですね。


ほのか整骨院では
○血液循環の調整
○背骨の動きを調整
○筋肉のバランス調整
をすることで改善することが可能です。
正しい姿勢などの自分でできるケアの指導もしております。
何をしたらいいのかわからない、マッサージや整体などいろいろな治療を試してみたけれどなかなか改善しないなどのお悩みがあればいつでもご相談ください。

 

abcd.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

電話予約はコチラ



口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ