1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 坐骨神経痛改善方法

坐骨神経痛改善方法

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰から爪先まで伸びています。

この坐骨神経が圧迫などの何らかの刺激を受けると、腰やお尻、

太ももの裏から足の先などに、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、

強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛という症状です。
20140822_937240.jpg 

しかし坐骨神経痛という病気はありません。

坐骨神経痛は様々な病気、「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や

「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などが原因で、

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、

ということになります。


その他にも多いのが梨状筋というお尻の深部の筋肉や腫瘍が原因で、

坐骨神経が圧迫されてなるものや、骨や関節には異常のない原因不明のものもあります。

なので坐骨神経痛はまず病院へ行きレントゲン等でまず原因を見つけることが大切です。


坐骨神経痛とひとくくりにして独学でストレッチや体操などをすることでさらに悪化する可能性もあるので、

まずは原因をはっきりさせましょう。同じような症状だとしても身体のなかの状態はまったく違うのです。

例えば
腰椎椎間板ヘルニア ⇒ 前屈(前傾)などで症状は増強します
kosi_02.jpg





腰部脊柱管狭窄症  ⇒ 後屈(反る)などで症状は増強します

sekityuukankyousakusyou.jpg



このように同じように腰やお尻、

太ももの裏から足の先などに痛みや

痺れなどの坐骨神経痛症状がでたとしても、

体の中身は正反対なんてこともあるのです。


坐骨神経痛を治すのではなく、ヘルニアや狭窄症、お尻の筋肉が原因で、

なる梨状筋症候群などを治療する必要があるのです。

しかし原因不明の坐骨神経痛もすごく多いです。


病院の検査などではっきりとした異常がないことがあるのです。

それでも痛みや痺れといった症状はあるのです。

原因がはっきりしなくても改善する方法はあります。


原因がないというのは、レントゲンなどではっきりとした、

骨などの異常がなかったからといってイコール悪い所がどこもない、

という意味ではないのです。ヘルニアなどの病気も含めて、

運動不足や悪い姿勢などの生活習慣が大きく関わってくるのがこの症状です。

坐骨神経痛の改善動画

坐骨神経痛の改善動画2

ほのか整骨院では
・血液循環の調整
・背骨の動きを調整
・筋肉のバランス調整
をすることで改善することが可能です。

ストレッチなどの自分でできるケアの指導もしております。

何をしたらいいのかわからない、

マッサージや整体などいろいろな治療を試してみたけれど、

なかなか改善しないなどのお悩みがあればいつでもご相談ください。


頭痛3 (200x200).jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

電話予約はコチラ



口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ