1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 坐骨神経痛3つのタイプ 

坐骨神経痛3つのタイプ 

坐骨神経痛というのは何らかの影響で、

坐骨神経痛に刺激や圧迫などの悪さをすることで、

痛みやシビレが起きるものです。

なので坐骨神経痛というのは、

頭痛や腹痛などと同じで病名を指しているわけではありません。

20120719_668851.jpgのサムネール画像






坐骨神経痛は、

大きく3つのタイプにわけることができます。

タイプ1 症候性坐骨神経痛
病院でMRIなどで検査をしても、

神経を圧迫しているなどの悪さをしているところが特になく、

具体的な原因を発見できない場合が多く、そのため治療も難しくなります。


このタイプの坐骨神経痛の特徴は、唯一お尻の筋肉に硬直が見られますが、

それが坐骨神経を圧迫しているわけではありません。

ただ痛みやシビレがでるということです。


ただ症候性坐骨神経痛と診断された場合は、

内臓腫瘍も疑うことも忘れてはならないと言われています。

筋肉や骨に異常が見られなくても、内蔵にできた腫瘍が、

坐骨神経を圧迫して痛みがでるといった場合もあるようです。

タイプ2 根性坐骨神経痛
一般的に「坐骨神経痛」というとこれを指します。

ならかの原因で神経の根っこが圧迫などの刺激をうけて、痛みやシビレがでるものです。

代表的なものに腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症(すべり症)や脊柱管狭窄症があります。


お尻の裏側から太腿、足先にかけて、じんじんと響くような痛みを覚える場合は、

この根性坐骨神経痛が疑われるます。

ひどくなると、歩行が困難になったり、排尿や排便に異常が見られたり、慢性的に激しく痛みます。

img_patient_department_01_03_04_02.jpgのサムネール画像

タイプ3 梨状筋性坐骨神経痛
梨状筋というのは、臀部の奥にある筋肉のことで、その真下には坐骨神経があります。

梨状筋が圧迫を受けるようになり、もともとあった場所より下へと強制的に移動させられてしまいます。

梨状筋症候群による症状は、

ピリピリとした痛みで、お尻の裏側から太もも、膝の裏、くるぶしにかけて見られます。


梨状筋症候群にならないためには、臀部や太ももに生じたしびれを早く自覚する必要があります。

症状が軽度であればインナーマッスルを鍛えることで、坐骨神経痛になる前に症状を抑えることができます。

2012y05m09d_203702078.jpg

坐骨神経痛の主な症状としては

一側の大腿後面から足まで放散する痛みが坐骨神経の症状では特徴的です。

比較的左側を重心とされている方が多く、左足に多く負荷が加わる事で、

骨盤が突き上げられゆがめる事により骨盤の右側がやや前傾します、

そのため坐骨神経痛は右足にでる人の割合が多いです。

2、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みや痺れが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

その坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、

腰や腎部(お尻)太もも、ふくらはぎや足の先などに、

鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じがします。


歩きだした時はふつうに歩けるのですが、だんだん腰や足に痛みや痺れなどを感じ、

休憩するとまたふつうに歩けるようになるのを繰り返す、

間欠性跛行という歩行障害が生じる場合があります。これが坐骨神経痛の症状です。

間欠性跛行はバージャー病(難病)という四肢の閉塞性血栓血管炎にもみられる症状なので、

歩行障害だけでは可能性は低いですが一度病院を受診したほうがよいでしょう。

20110602.2.jpgのサムネール画像


坐骨神経痛になりやすい人

どのタイプにも共通していえることは、食事・運動・睡眠のバランスの崩れと悪い姿勢が、

坐骨神経痛になる可能性が高くなる要因と考えられています。

年齢とともに可能性は増しますが、妊婦さんも坐骨神経痛になりやすいのです。


「えっ!妊婦さんも?」と思われるかもしれませんが、もちろん妊婦さん全員がなるわけではないですが

妊娠中に腰痛になる方は多いと思います。

赤ちゃんが大きくなれば骨盤は開き前傾しやすくなるため腰への負担が通常の何倍にもなります。

その際まわりの組織を圧迫することで坐骨神経痛症状がでることがあります。


妊娠中の身体はデリケートで、薬や強い刺激を与えないようにしないといけないので

「我慢するしかない!」と思われますが、少しでも改善するためにできることはありますので、

そういった場合でもご相談ください。

このように坐骨神経痛と一言でいっても、様々な原因やタイプにわかれます


ほのか整骨院では

・血液循環の調整
・背骨の動きを調整
・筋肉のバランス調整

をすることで改善することが可能です。
ストレッチなどの自分でできるケアの指導もしております。
何をしたらいいのかわからない、マッサージや整体などいろいろな治療を試してみたけれどなかなか改善しないなどのお悩みがあればいつでもご相談ください。

頭痛3 (200x200).jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

電話予約はコチラ




口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ