1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 産後の坐骨神経痛

産後の坐骨神経痛

産後に坐骨神経痛になってしまうという方がいます。これは、骨盤のゆがみなどが影響しています。妊娠中の体重増加や無理な姿勢をすることが多く腰椎や骨盤が圧迫されやすくなります。

ダウンロード (1).jpg

妊娠後期になると女性の体は出産の準備のためホルモンの働きにより、産道を確保するように変化するため、骨盤が緩み始めます。骨盤がずれることにより、骨盤周辺の関節の位置もずれてくるのです。この頃からすでに腰痛や坐骨神経痛などの症状をうったえる方も少なくありません。ダウンロード.jpg

出産後1~2ヶ月程度で骨盤は元に戻ろうとしますが、まったく元通りというわけにはいきません。赤ちゃんの授乳や抱っこなど前傾姿勢などの影響で背骨や骨盤に負荷が加わり、ゆがんだままになってしまったりすることで坐骨神経痛が起こります。

坐骨神経痛 産後

産後に発生する坐骨神経痛は、

どのようにすれば改善するのでしょうか??

まず出産後からどれくらいの期間が経っているかにもよりますが、出産後8週くらいは骨盤を緩めるためのホルモンの効果がありますので、なるべく早い段階で骨盤を閉めるために骨盤ベルトを巻いておくことで改善されるケースもあるみたいですね。



出産によって、赤ちゃんが産道を通っていくときに骨盤がグイッと外側へ開くようになっているのですが、骨盤というのは内臓の器でもあり姿勢の要としての役割があります。

WS000003.jpg

骨盤には上半身の重み(重力)と足から突き上げられる力が交差する部位です。この部分がゆがむと背骨や足のバランスが悪くなってしまい、筋肉が硬くなっていくので、お尻の筋肉にダメージが入り坐骨神経痛が発生するんですね。


骨盤ベルトを出産前後でつけていれば、この過剰な骨盤の開きを抑えてくれますので、坐骨神経痛にも効果が期待できます。


つけた直後は、筋肉を圧迫している状態なので坐骨神経痛の症状が一時的に悪化する可能性がありますが、継続的につけてもらえば、骨盤に作用して自然に緩んでいくようになります。



一方で、こうした骨盤ベルトを利用しないまま出産から期間がたってしまった患者さんは、一般の方と同じように筋肉の治療を行っていきます。



筋肉が凝り固まって骨盤がゆがんだままになっているいることがほとんどですから、そこを治療していくことで、坐骨神経痛の症状は改善されます。

産後の坐骨神経痛をかかえたままの子育ては、授乳や抱っこに沐浴など非常に苦しく、楽しく子供と接することが困難になってきます。

当院ではそういった悩みのお力になるために

  • 血液循環を調整し緊張した筋肉を柔らかくします
  • 骨盤と背骨の動きをソフトに矯正します
  • 筋肉のバランスを調整します頭痛3 (200x200).jpgのサムネール画像のサムネール画像
一日でも早く良くなりたい
子育てを楽しみたい
いっぱい抱っこしたい
当院はこういったお悩みの力になります。
お困りの時は相談ください

電話予約はコチラ


口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ