1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 光がまぶしい

光がまぶしい

あなたは、やたらと光がまぶしく感じることはありませんか?

蛍光灯の光がまびしいテレビがまぶしく感じる、

外に出るとまぶしいパソコンがまぶしく感じるなどです。

実はこれらは、ストレスで自律神経が乱れている
時の症状の1つなのです。人間はストレスを感じる
とストレスホルモン(コルチコイド)を出します。

ストレスホルモンは、その名のとおりストレスに
対抗する働きがあります。体はストレスを感じるとストレスホルモンを出します。

ストレスが多ければそれだけストレスホルモンも多くだされます。

しかし、ストレスホルモンは無限にあるわけではありません。

あまりにもストレスが多いと、ストレスホルモンが足りなくなってしまうのです。

ストレスホルモンは、ナトリウムとカリウムのバランスをとり、目の瞳孔の調節もしています。

ストレスが多く、ストレスホルモンが足りなくなると、ナトリウムとカリウムのバランスが乱れ、

瞳孔が開きっぱなしになってしまうのです。

瞳孔は目に入る光の量を調節しているので
開きっぱなしになると光が多く入ることになり
まぶしく感じるようになるのです。

通常はまぶしく感じていても、30秒もすると
瞳孔が閉じてきて、まぶしくなります。
ですから、30秒以上たってもやたらと光が
まぶしく感じているときは、気をつけてください。

自律神経失調症やうつ病になっているかその予備軍です

一番の対策はストレスを減らすことですが
なかなかできない方もいると思います。
そこで、証明の明るさを落としたり、サングラスをするなどして防いでください。

まぶしいまま放っておくと、目に悪いばかりか
目から脳に入る刺激が多くなり、それがさらなるストレスになってしまいます。
根本的には一度ゆっくりと休むことをおすすめします。

光がまぶしい症状には自律神経失調症以外にも
ドライアイ・白内障・角膜炎・網膜色素変性症などの病気もありますので、

一度病院で診てもらうようにしてくださいね。



口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ