1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 意外と知らないだるさや疲労感を伴う低血糖症とは

意外と知らないだるさや疲労感を伴う低血糖症とは

寝ても疲れがとれない。朝起きた時から疲労感があって一日を頑張ろうという気が全く起きない。そんな悩みを抱えている方は増えています。

あなたは血糖値という言葉ぐらいは聞いたことがあるかと思います。それは「血糖値が高くなると糖尿病になるから気をつけましょう」ということだと思います。

しかし血糖値は高くなることも怖いのですが実は低くなるのも怖いのです。

特に自律神経失調症やうつ病の方の多くは低血糖症になっている可能性があります。

こちらでは実は怖い低血糖症のメカニズムと対処法について書いていきます。

低血糖症とは
泣く.jpg
低血糖症とは血糖値が下がり元気がなくなってしまいうつ病や自律神経失調症と似た状態のことをいいます。

うつ病と病院で診断された方が実は低血糖症だったという報告も少なくありません。

症状としては確かにうつ病などの精神疾患によく似ているので医師も間違える事が多いと言われます。

さらに低血糖症の原因が厳密には分かっていないため認識できる医師が少ないという背景も発見されづらい原因の一つです。

低血糖という言葉から糖分の摂取量が少ないのかと連想されるかもしれませんが驚くことに低血糖症になる原因は甘いものを食べることなのです。

特に空腹時に砂糖などの入った甘いものを頻繁に食べると低血糖症を起こしやすくなるのです。

甘いものを食べて血糖値が下がるというのは逆のように感じられると思います。

普通に考えると甘い物を食べると血糖値が上がるはずですよね。

そこには人間の身体にあるメカニズムが働くからなので次はそれを書いていきます。

低血糖症のメカニズム
食べ物ケーキ.jpg
空腹というのは血糖値が下がっているという身体のサインですが、その時に白砂糖のような甘い物は急激に血糖値を上げてしまいます。

血糖値の急激な上昇に対して身体は血糖値を下げるように働きます。

そこで、すい臓からインシュリンと呼ばれる血糖値を下げるホルモンを出します。

しかし急激なインシュリンの分泌は極端に血糖値を下げ過ぎてしまうため低血糖症という症状を引き起こします。

次に低血糖の状態を改善しようとアドレナリンなどの興奮するホルモンが過剰に分泌され今度は精神面を不安定にさせます。

低血糖症とはインシュリンによる血糖値の低い状態とその後のアドレナリンなどによる精神の興奮状態を指します。

症状は主に低血糖のために身体は極度のだるさや疲労感を感じ精神面では動悸やイライラ、不安感などの症状を引き起こします。

甘いものを食べると血糖値が上がるので満腹感や満足感を得て元気になったような気がするのですが、しばらくすると出過ぎたインシュリンによって甘い物を食べる前よりも血糖値が下がってしまうのです。

すると元気がなくなり、また甘いものが食べたくなるという悪循環に陥り身体のリズムは完全に狂ってしまいます。

このような低血糖症に陥らないためには食生活の改善が必須となるので次は食生活について書いていきます。

改善すべき食生活
野菜いっぱい.jpg
GI値というのは聞いたことがあるでしょうか?血糖値の上がりやすさを数値化したもので60以上は最初に食べない方が良いとされます。

例えば野菜やキノコ類は10~30台ものが多いですが白米やうどんは70~80台!以外にも肉や魚は40~50台と高くありません。

砂糖類などの甘みに至っては90~100と最高の数値を示していますので、これが低血糖症の原因なのです。

野菜をお味噌汁から食べる健康法が流行りましたがこういった理論に基づいていたんですね。

そして食べるタイミングも重要で空腹の時間が長く続くと血糖値が上がりやすくなるので1日に2食の人は3食を食べる人よりも血糖値が上がりやすい状態です。

また早食いも血糖値の上昇を加速させますので、よく噛んで食べる事も重要です。

早食いが太るというのはインシュリンの分泌を過剰にするために空腹を感じやすくなり必要以上に食べてしまうというメカニズムから来ています。

その他のだるさの原因はこちらをクリック

まとめ
元気男子.jpg
体というものは常に状態を一定に保つように働いています。例えば異常気象などで気温が寒くなったり熱くなったりを繰り返すと体が疲れますよね。

これは自律神経が体温を一定に保とうとして体温調節することで働き過ぎすぎた結果起こるのです。

空腹時の甘いものなどは急激な体内環境の変化になり極度のだるさや疲労感につながりやすいので避けるようにしましょう。

また早食いや不規則な食生活を改めよく噛んで食べる事で低血糖症は防げますのでぜひ実践してみて下さい。

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ