1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 立ち姿勢での腰痛

立ち姿勢での腰痛

二足歩行の人間にとって、立ち姿勢はもっとも基本的な
スタイル。ここでは、立ち姿勢のときに一番痛みが強い
タイプの腰痛について説明しましょう。

◆立ち姿勢での腰痛はこうして起きる
立った姿勢で起こる腰痛は、横や後ろから見た
背骨のカーブに異常をきたしており、腰部の筋肉に
負担をかけた結果起こることが多いようです。

人が立っているとき、体の重心は足関節の真上
よりもやや前方に置かれます。
ですから、体は自然に前傾しようとします。

これを防ぐために、ふくらはぎのヒラメ筋や
背筋は持続的に緊張しています。つまり一見
静止しているようでも体は常に揺れており
その揺れに対してこれらの筋が反応・緊張し
姿勢を戻そうとしているわけです。

体が前傾した時の反応には、以下の2種類があります。

1、腹筋が事前に緊張している状態。
骨盤が前方に移動することに対し大腿後面のハムストリング
がバランスをとるような反応を示す

2、腹筋が緊張していない場合で、背骨が前方に
移動しようとする動きに対しふくらはぎと背筋が
おもに反応している状態

1の反応を繰り返せば、そのたびに腰椎には前弯を
強めるようなストレスが与えられ、徐々に腰痛が
起こるようになります。

つまり台所仕事のように腕を動かす作業は、重心が
常に変化してバランスが乱されるため、姿勢の調節が
頻繁に行われるようになり、腰痛を招きやすくなるわけです。

立ち姿勢での腰痛予防対策
1、下腹部を緊張させる
腹筋の緊張は、腰椎の前弯を防ぐためには非常に重要です
腹筋は常に軽く緊張した状態を保つようにする

2、足を開き、つま先を開く
股関節を外側に回すと骨盤が後傾するので、腰椎の
前弯を減少させることができる

3、足を前後に開く
前後方向のバランスが良くなり、姿勢調節が容易になる
前足を10㎝程度の台に乗せるのも効果がある

4、体重を左右に均等に乗せる
左右の足に50%ずつ体重をのせる。ときどき一方
の足に体重を移動する。


これらのことを通勤・通学やふとした瞬間で意識するだけでも変わってくるので、是非お試しくださいね。



口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ