1. 大阪市の整体 ほのか整骨院 HOME
  2. 各症例について
  3. 動きによって違う腰痛

動きによって違う腰痛

多くの腰痛は、椅子から立ち上がるときや、歩くなど
のさまざまな動作によって、腰に負担をかけた結果
おこります。

このため腰痛を治すには、どのように動くと腰が
痛むのか、を患者さん自身が把握して、腰痛の原因
となる動作を修正していくことが大切です。

◆からだを反ったときに痛む(伸展型の腰痛)

まず、伸展型の腰痛は、椅子から立ち上がる動作や
後方にのけぞる動作、つまりからだを伸ばす動作で
痛みが強くなるような腰痛をいいます。

伸展型腰痛を防ぐには、体を伸ばす動作を行う際に
腰だけを反り過ぎないようにして、腹筋を緊張
させるとともに、股関節をしっかり伸ばすことが
必要となります。

長時間椅子に座っていて、立ち上がろうとすると
腰が伸びにくく、無理に伸ばそうすると痛むという
症状も、一種の伸展型腰痛です。

これは、腸腰筋や大腿筋膜張筋と呼ばれる股関節全面の
筋肉が、座っている間に縮んでしまい、伸びにくくなって
いるために起こる現象です。

これらは日頃から腹筋を緊張させながら大股であるいたり
股関節の前の筋肉のストレッチをすることによって改善できます。

◆体を曲げた時に痛む(屈曲型の腰痛)
屈曲型腰痛は、前屈などのからだを曲げる動作で痛みが
増すタイプの腰痛をいいます。
朝、靴下を履くとき、からだを曲げようとしても痛くて
曲がらない・・・
このような症状は屈曲型腰痛の症状です。

屈曲型腰痛は、お尻の大殿筋など股関節の後ろの筋肉が
硬くなり、からだを曲げようとしても股関節がうまく
曲がらないために起こります。

これに対しては、太ももの裏の筋肉(ハムストリング)や
大殿筋を十分にストレッチすることで改善することができます。

そのほか、動いているときには痛くないものの、じっと
座っていると腰が重くなってくるタイプの腰痛があります。
これには、座った姿勢でのお尻への荷重が、無意識のうちに

左右いずれかにかたよっている場合や、腰椎を反らせすぎたり
曲がっていたりして筋肉の疲労が蓄積することが考えられます。

これ以外にも病的な腰痛などもありますが、慢性的な腰痛など
多くの原因は動きの悪さや姿勢からくるものがほとんどです。
それを治せば腰痛は怖くありません!!



口コミで人気の大阪市本町のほのか整骨院

ほのか整骨院

〒541-0054  大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F 御堂筋線 本町駅 9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒
  • 電話でお問合せ
  • FAX
地図
メールでのお問い合わせ